裁判所での手続き

債務整理を行う方の中には、車のローンを返済中の方もいらっしゃるでしょう。
債務整理を行うくらいにお金に困っているのであれば、車のローンの返済も出来ずはずがないので、本来であれば車を売却してローンの返済に充てるというのが一般的な考えでの手続きになります。
しかし、車というものは生活に必要だから購入をしているという方がほとんどですので、債務整理をするからといって車まで手放すのは困るというような方が非常に多いです。
ローンが残っている車を保有したままで債務整理を行う場合、方法としては任意整理という債務整理を選択しなければなりません。
ただ、債務整理をするくらいお金に困っているのであれば、車を手放すのが当然のことだと世間では考えることから、任意整理後に自己破産などの手続きを行うことになると、裁判所での手続きが難しくなることもあるようです。
債務整理の手続きを行なうのに矛盾が生じることから、出来れば車は手放した方がいいのですが、何よりも金利が高い車のローンの返済を債務整理を行うくらいにお金に困っている方が続けるということにそもそもの問題があるのです。
無理をして車を保有してローンの返済を続けたとしても、車のローンによる負担は大きいことから、減額をしてもらった借り入れの返済さえもまた出来なくなる可能性は大いにあります。
債務整理を行う際にローンが残っている車を保有している場合、車の必要性と車のローンが他の借り入れにどれだけ影響を与えるかをしっかりと考えて、車を保有し続けるかどうかを考えなければなりません。

裁判所での手続き